Google
 

日本電信電話公社/國方秀男「旧日比谷電電ビル(NTT日比谷ビル)」2007/10/27 10:53:56

旧日比谷電電ビル(2007年10月13日撮影)

旧日比谷電電ビル(NTT日比谷ビル)
設計:日本電信電話公社施設局建築部/國方秀男
施工:大林組
千代田区内幸町1-1-6
1958年
(2007年10月13日撮影)

郵政の次は電電公社。という訳で、かつての日本電信電話公社本社ビルです。1985年の民営化当時も本社ビルでした。日比谷通りに面して、帝国ホテルより少し新橋よりにあります。

当時流布したセンターコア方式がとられており、1階の柱と各階のバルコニーが印象的。水平連窓も強調点。一方、1階外壁には手作り的な石張りも見られます。技術志向とものづくり志向がミックスされており、当時の電電公社のコーポレートアイデンティティを表現しているのでしょうか。庇をとるのは逓信省の伝統的スタイルですが、冷房が普及する以前には、夏の日差しを遮る実用的意味も大きかったもの。1961年の第13回建築学会賞。

現在はNTTコミュニケーションズ本社が置かれています。周囲の再開発に負けずこのまま、利用され続けられるとよいですね。

【参考文献】
倉片俊輔、斉藤理(監修・執筆)「東京建築ガイドマップ-明治 大正 昭和」エクスナレッジ(2007年)
The Japan Architect, 57号, 2005年春号, 新建築社

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://northeast.asablo.jp/blog/2007/10/27/1873972/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。