Google
 

Romeo and Juliet (1936, MGM)2013/06/09 06:45:00

■"Romeo and Juliet"の映画は繰返し映画化されているが、これは1936年公開、初期のものの一つ。当時のアカデミショー・ノミネート作品であった。



Youtubeにある予告編です



アカデミー賞ノミネート
作品賞
主演女優賞:ノーマ・シアラー
助演男優賞:ベイジル・ラスボーン
美術賞:セドリック・ギボンズ、フレドリック・ホープ、エドウィン・B・ウィリス

■現在の基準で見れば、俳優アップでのセリフが多く単調な印象があったり、絢爛豪華な美術や衣装なんですが歴史考証はどうよとか思ってしまいますが、ハリウッドのつくった豪華シェイクスピア作品として、十分楽しめる作品です

■ロミオは「レスリー・ハワード(1893-1943)」、当時43歳くらい。ジュリエットは「ノーマ・シアラー(1902-1983)」、当時34歳くらい。役の設定は10代のカップルですので、ちょっとイメージが違いますが。ここは大人の実力を見せて、セリフの安定感と感情表現で二人の恋愛を際立たせます。元々が舞台演劇ですから、そういう細かい(?)リアリティは重要じゃないとも言えます。

■脇を固めるのがロミオの友人でヴェローナの太子の親族マ-キューシオ「ジョン・バリモア(1882-1942)(*)ドリュー・バリモアのお祖父ちゃんです!!」が軽い身のこなしでおどけた役を演じています。しかし、ティボルトとの決闘で深傷を負い亡くなってしまいます。一方、ジュリエットの乳母「エドナ・メイ・オリヴァー(1883-1942)」は二人の間を取り持つ役回りで、ジュリエットを焦らすように話をそらしたりするなどユーモアのある人として描かれています。

■ジュリエットの従兄弟のティボルト「ベイジル・ラスボーン(1892-1967)」はマーキューシオを倒した後、ロミオと決闘となり、命を落とします。

■ところで、ベイジル・ラズボーンは戦前の映画版「シャーロック・ホームズ」の当たり役者だったそうです。一方、第2次大戦で亡くなった(搭乗していた中立国ポルトガルの旅客機がドイツ軍に撃墜された)レスリー・ハワードの息子、ロナルド・ハワードは戦後アメリカでヒットしたTVシリーズ版「シャーロック・ホームズ」を演じたそうです。ちょっと不思議な縁かも。



シェークスピア映画10枚組の1枚として入っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://northeast.asablo.jp/blog/2013/06/09/6846585/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。