Google
 

サブウーファーを使ってみた。2013/02/10 06:46:00

★サブウーファーが欲しい

■現有のオーディオスピーカーは6.5cmシングル・ユニットのフルンジスピーカー。従って、再生周波数帯域は狭く、カタログ上[100Hz~25kHz(-10dB)]だが、実際の下限はもっと高い周波数と思われる 。

■実際に、適当な安物(約400円]マイクとPCを使うという安易かつ簡易的な方法で、周波数特性を計測をした[簡易周波数特性計測装置]。その結果、下限は100Hzと200Hzの中間ぐらい(150Hzくらい?)という結果になった。やはり低音出てないです。

オーディオの科学 を参考にアクティブ・サブウーファーの導入を考えた。フルレンジの周波数特性からすると、サブウーファーで40Hzー100Hzの音を再生をしようと思うわけである。ところが、サブウファーは重くて高い。これはと思う機種は価格5万円~10万円当たり前、重さも1Kg以上あって、家における場所がないではないか(ToT)。さらに、使用中のフルデジタルアンプにはサブウーファアウトも"LINE Out"もないという無々づくし。さあ、困った。困った。(-_-)


★TV用サブウーファーを利用

■ところが、偶々「TV専用アクティブ・サブウーファー」(ホームシアターセットではなくて、単体でTVに繋ぎ、TVのスピーカの低音を補うというコンセプト)なる商品を見つけた。周波数特性:40Hz~180Hz;スピーカー:120mmコーン型ユニット(8Ω);光デジタル音声入力有り;再生周波数コントロール(40Hz~180Hz)機能付き。アウトレットで送料込み約2,500円は安い!!ので購入した。まあ、テレビ用ですから期待はしていないけど。


■フルデジタルアンプの光デジタルパススルーを使って、TV用サブウーファに接続。あとはクロスオーバー周波数とボリュームの調整。

「簡易的な周波数特性測定装置」を使って、sin波スィープによりクロスオーバー周波数とボリュームを調整。まあこんなものか。サブウーファーは50Hz位からしか出てないけど。50Hzから100Hzがフラットになったと思う。


★サブウーファーの効果

■調整がある程度できたと思ったところで、フルレンジの音を消して、サブウーファーの音だけを聴く。近所迷惑なのでボリュームを比較的絞っていることもあって、サブウーファーはかすかに「ヴォーン・ヴォーン」と鳴るだけ。100Hz以下の音なんてこんなものでしょうか。位相の調整なんて高級なものはついてないので、サブウーファーはスピーカーの中間のおける場所においてお終い。

■いよいよ、音楽を流してみる。ところが、ちょっと聞いても低音が出ているのかどうかよく分からないが、注意深く聞くと低音は出ているような気がする。曲にもよるが、交響曲でも低周波が鳴らしっぱなしということは稀なよう。オルガンだと偶に長々と低周波が長く鳴る。そういう場所では確かに効果があり低音が出ている。フーン。サブウーファーって以外に地味な効果なのね。でも今まで聴こえなかったCDに入っていた音が聴こえて嬉しい(^o^)。

■スピーカーの音色が可成り違うので繋がりが悪いような気がしないでもない。まだ、多少調整の余地貼るかもしれないが、2,500円の限界と思って、納得することにした。この音に慣れてくると、これが自然に感じるようになるかもしれないし…

■【追記】ブラームスの交響曲第1番の冒頭とか、印象変わります。

コメント

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://northeast.asablo.jp/blog/2013/02/10/6716712/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。