Google
 

グレース・ハルセル(越智道雄訳)「核戦争を待望する人びと-聖書根本主義派潜入記」2007/08/16 02:34:14


グレース・ハルセル(越智道雄訳)「核戦争を待望する人びと-聖書根本主義派潜入記」朝日選書(1989年)

現在品切れです。著者が得意とする潜入取材を生かした、キリスト教根本主義派(原理主義派)のレポートです。

著者自身が幼少期を、非常に根本主義的な環境で過ごしたことの回顧から本書は始まります。その根本主義が、現在どのように変容しているのかを、取材で明らかにしていきます。

根本主義派の集会に参加したり、イスラエル・ツアーに参加するなどして、指導者の考え方だけでなく、一般信徒の考え方を直接取材していることに、本書の大きな価値があります。

まさに普通のアメリカ人達が、「掲挙」と「ハルマゲドン」を信じ、イスラエルを熱狂的に支持し、ソ連との核戦争を待望する姿が生々しく伝わってきます。

出版から20年(原著は1986年)たっていますが、現在でも、宗教右派の政治的影響力の背景にある、普通のアメリカ人たちの考え方を知るのには必須の著書です。

【復刊ドットコム復刊リクエストページ】

「核戦争を待望する人びと-聖書根本主義派潜入記」朝日選書

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://northeast.asablo.jp/blog/2007/08/16/1732888/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ ラジオファンブログ - 2007/11/03 00:58:40

■遅まきながらヱヴァンゲリヲン新劇場版を見に行った。木曜日の夜に行ったが、120席ぐらいの劇場の5分の1ぐらいしか入ってなかった。 バトルシーンが良かったし、絵が細かくなっていた。 ちなみに、自分は新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごこ